カードローンの限度額について

カードローンの契約が完了すると、いくらまで借り入れができるのかという「利用限度額」というものが設定されます。

この利用限度額は、年収や信用などをキャッシング会社が判断して付与されるものとなっていて、利用者は利用限度額を超えて借り入れをすることが出来ません。

また利用限度額はキャッシング会社が判断して個々人に付与される枠となっているのですが、法律上でも基準が設けられています。

それが、総量規制となっていて、「年収の3分の1を超えて貸付をしてはいけない」というものです。 そのため、例えば年収が300万円だったとしたら限度額は最大で100万円までということになります。

テレビやCMなどで放映されているキャッシング会社の広告では300万円までの融資が可能!とか限度額は500万円までOK!というような告知を見かけますが、限度額の3倍以上の年収がないとこのような限度額になることはありませんので注意して下さい。

ちなみに、限度額が500万円の場合は年収が1,500万円以上ということになりますが、日本国内で年収が1,500万円を超えている人の割合は3%にも満たない数字となっているので、ほとんどの方は限度額の上限には達しないということになります。

また、大手のキャッシング会社のカードローンでは、50万円を超える利用をする場合は収入証明書類の提出が求められます。 これは実際に借り入れをする金額が50万円を超えるということではなく、限度額のことを指していますので、実際には10万円しか借り入れをしないとしても、限度額が100万円になっていると収入証明書類の提出が必要ということになります。

このページの先頭へ