銀行カードローンの審査について

キャッシング会社とは違い、銀行にもカードローンが存在します。 キャッシング会社と同じように、使用用途が自由なフリーのカードローンと目的のためにしか使用することが出来ない目的別のカードローンが存在していますが、審査の方法が少し異なります。

銀行のカードローンでもキャッシング会社を運営している銀行の場合は、キャッシング会社と同じような審査をしていますが、純粋に銀行がカードローンの審査を行う場合は、キャッシング会社と同じ形式の審査に加えて、資産や信用の審査が行われることがあります。

これは、今までに使用している銀行の残高の履歴を見せるということもありますが、どんな車を所有していて、どのような資産を所持しているのかということまで審査で聞かれることがあるということです。

融資をする側の心理から考えて、多くの資産を持っているのなら安心して融資をすることが出来るということに繋がります。

カードローンは住宅ローンや企業の運営資金とは違って基本的に少額の融資となっています。 そのため、銀行のカードローンの審査で担保が必要なケースというのは少なくなっていますが、マイカーローンのように車を担保に融資を受ける場合は、審査に通過しやすくなっていることが挙げられます。

ただし、担保として差し出す車の評価額以下の限度額となっていることが多く、返済が滞ると担保として差し出した車を売却されることになりますので、緊急の場合で無い限りはオススメできません。

このページの先頭へ